絶対おすすめ!!カニの買い方、お取り寄せの極意

フロリダで食べたストーンクラブ♪

おっさんは、蟹が大好きです。人から「蟹仙人」と呼ばれるほど大好物です。

しかし、蟹は結構なお値段ですので、なかなか手軽には食べれませんね~。

腹一杯蟹を食べたいもんですな~♪

ここでは、蟹仙人の経験によるメチャメチャおいしい蟹情報をご紹介します♪

目次

カニほど旨い食べ物はない

例えば、ずわいカニは「ブランド化」されています。

日本海側の漁港で揚がったカニは、「地ガニの証」として、水揚げ港などを記したタグが付けられ、その品質の目印になっています。

地域ごとに色などが異なり、名前も付けられています。

●島根県、鳥取県、兵庫県では「松葉ガニ」

●福井県では「越前ガニ」

また雄と雌でも呼び方が違い、「セコガニ」、「香箱ガニ」などの名前がついています。

カニの種類別に食べ方の秘訣がある!!

「毛ガニ」と「ずわいカニ」

みそがうまいカニです。

おすすめの食べ方は、カニの身と味噌を合わせて食べることです。

かにみそは脳ミソ? 違います。「蟹の内臓」です。

肝臓と膵臓のような役割を持つ内臓の部分が「かにみそ」になります

活ガニの刺し

タラバ蟹

豪快に大きな身をパクッといきたいところです。バタ-焼きやBBQなどにもサイコ-です♪

おっさんが好きなのは、「ガ-リックバター焼き」です。

焼き上がりに少しだけ醤油を垂らすと、さらに香ばしい♪

活けのものは、刺身で♪ ⇒なかなか手に入りませんが。デカいので、素人でも剥きやすいデス。


刺身

カニの刺身は、サイコ-にうまい!!

これは、旅館やお店でないと、なかなか難しいですね。

金沢の「川端」鮮魚店にて♪
活ガニの刺し

殻を剥いたカニの身を氷水に入れると花が咲いたようになり、プチプチとした甘い食感がたまりません。

ボイルとは違った甘くとろっとした食感が味わえます。

カニ鍋 ~かにすき、しゃぶしゃぶ~

寒~い冬に体を温めてくれる嬉しい鍋!

カニ鍋には、殻を剥いてくれている「むき身」がオススメです。

これだと、簡単にしゃぶしゃぶにもできます。ダシ汁に身をさっとくぐらせるだけで充分。

茹ですぎ注意!! 表面が白くなってきたらOK。ちょっとレアくらいがおいしいです♪

ポン酢でどうぞ♪

すき鍋の場合は、殻が赤くなったら食べ時。


茹でカニ

カニ味噌とカニの身のハ-モニ-は素晴らしい。

お店でも出してくれる店がありますね。

たとえば、おっさんおすすめの札幌の寿司屋 「西鶴」では、裏メニュ-としてあります。⇒昨年の冬はありました…。

毛ガニの甲羅に味噌とほぐした身を合えてくれているので、そのまま食べれます。



カニ料理を食べると「無口」になると言いますが、これだと集中して身をほぐす作業が要りませんので、話にも花がさきますね。

上手な選び方、買い方

カニをお取り寄せする場合、注意があります。

「活け」や「冷凍」ではなく、「朝ゆで、未冷凍」がオススメです。

なぜか?

「活け」は生きているカニなので新鮮だと思いがちですが、この生き物は、収穫されて生きたまま輸送や流通で長時間経過すると、ストレスなどで身が退縮、収縮するらしいのです。


まとめ

  1. 茹でたカニは、何もつけずにそのまま食べるか、ポン酢。蟹味噌と蟹の身を合える
  2. 生きているカニは、刺身!!
    海が近い民宿や旅館、生け簀がある料理店で♪
  3. 味噌がうまいのは、「毛ガニ」と「ずわいカニ」
  4. タラバ蟹は豪快に大きな身をパクッ♪バタ-焼きやBBQなどにもサイコ-です。
  5. わたりカニは、小さいものが多いので、ダシが出るみそ汁、パスタなど。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる