ファーストクラス シャンパン銘柄一覧 ~高級シャンパンの魅力~

国際線ファーストクラスでは、どこの航空会社でも飲み食いは基本オンデマンド。

下衆な言い方をすれば、飲み放題、食べ放題ですね♪

おっさんは、過去JALとエミレーツ航空のファーストクラスに乗りましたが、シャンパンだけではなく、ワインもかなり飲み過ぎて、恐ろしいほど酷い二日酔いになったことがあります。←アホですなぁ。

我々庶民にとって、なかなか飲む機会がない高級シャンパンについて、ご紹介します♪

あわせて読みたい
2022年はワインが値上がりする?円安!インフレ!対策は? コロナ禍、ロシアのウクライナ侵攻などにより、世界的にインフレ傾向になってきており、モノやサービスの価格が上昇してきています。また、ワインの本場フランスでは、2...
目次

主要航空会社のファーストクラスのシャンパン一覧

    航空会社    シャンパン 銘柄      備考
JALサロンルイ・ロデレール クリスタルの時もあり
ANAクリュッグ
エミレーツ航空ドン・ペリニヨン、ドン・ペリニヨン ロゼ
エールフランス航空テタンジェクリュッグなど月によりシャンパン銘柄が替わる
アメリカン航空クリュッグランソンなど月によりシャンパン銘柄が替わる
ブリティッシュ・エアウェイズローラン・ペリエ グラン・シエクル
ジャカール・モザイク・ロゼNV                
英国製のスパークリングワイン「ヴィンテージ・ブラン・ド・ブラン」も提供開始
ルフトハンザ航空    ローランペリエ グラン・シエクル
キャセイパシフィック航空ウィリアム・ドゥーツ
タイ国際航空ドン・ペリニヨン

シャンパンの魅力について 

シャンパン(Champagne) とは?

ヨーロッパの王侯貴族に愛され、社交界から世界へと広まっていったシャンパン。

厳しい条件を満たしたものしか名乗ることができません。

  • フランスのシャンパーニュ地方でつくられること。
  • ぶどうの品種、栽培、伝統的な製法「シャンパン製法(瓶内二次発酵など含む)」であり、
  • アルコール度数など、フランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしたもの。

スパークリングワイン (Sparkling Wine) とは?

「スパークリングワイン」は、一般には3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称です。(3気圧以下のものは弱発泡性ワインといいます)。

シャンパン(Champagne)はスパークリングワイン(Sparkling Wine)のうちの一つのカテゴリーとなります。

シャンパン以外の「スパークリングワイン」は、以下のようなものがあります。

  • クレマン(Cremant):フランス
  • ヴァンムスー(Vin Mousseux):フランス
  • エスプモーソ(Esupumoso):スペイン
  • カヴァ(Cava):スペイン
  • スプマンテ(Spumante):イタリア
  • シャウム・ヴァイン(Schaumwein):ドイツ

ミレジメ(Millesime)とノンミレジメ (Non Millesime)

そもそも産地であるシャンパーニュ地方はフランスのとても寒い地域にあり、ブドウが上手く熟さないことが多く、なかなか品質が安定しないことがあります。

シャンパンのメゾンとしては、毎年味の違うものを出すわけにはいきません。

品質を安定させるためには、複数の年代で仕込まれた原種をブレンドします。

これを「ミレジメ」、または「ノン・ヴィンテージ」 といいます。

これらは、最低15カ月瓶内熟成を経ての出荷が義務となっています。
(スパークリングワインについては多くが最低9カ月)

一般に出回るシャンパーニュの約8割がこの「ノン・ヴィンテージ」であると言われいます。

一方、その年に多収穫されたぶどう100%で造られ、収穫年を表示したものを「ミレジメ」または、ヴィンテージ・シャンパンといいます。

これらは、最低3年間の瓶内熟成が義務付けられています。

ドン・ペリニヨン Dom Pérignon

エミレーツ航空のファーストクラスには過去5回ほど乗りました。

日本-ドバイでは、ドンペリ白でしたが、ドバイ-ヨ-ロッパ路線では、

なんと「ドンペリロゼ」、通称ピンドンが出てきました。

エミレ-ツ航空では、ドンペリが飲めるということを知っていたので、とても楽しみにしていましたが、まさか、ピンドンが飲めるとは!

ドバイ-プラハで、ピンドン♪

ドン・ペリニヨン とは? 

国内でも知名度が抜群のドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)。

ぶどうの出来が良かった年に収穫されたもののみを使い、絶妙なバランスで造られた芸術品とも呼べる高品質の高級シャンパンです。

ドンペリを造っているのは、モエ・エ・シャンドン社。

F1レースの公式スポンサーで、優勝者を祝うシャンパン・ファイトが有名ですね?

ドンペリには、「シャンパンは3つの時代を迎える」という考え方があります。

すなわち、飲み頃のピークが3回訪れるということ。

最初の飲み頃は、収穫から約8年。飲み頃を迎えるのをしっかり確認するため、場合によっては8年では足りずに9年ほど熟成することも過去あったようです。

二度目のピークは15年前後。三度目のピーク は30年前後。

これがすなわち、「P2, P3」。このPはプレニチュード(Plenitudes)。

プレニチュード(Plenitudes)とは、ドン ペリニヨンが暗いセラーの中で澱(おり)と共にゆっくりと熟成する間、静かに独自性に磨きをかけ進化を続けるそのピークのことです。

この長い熟成の味わいは、人工的なものでなく、「長い歳月をかけて自然が作り上げたアートのようだ」と表現されます。

ドン ペリニョン 白 

「ドン・ペリニヨン ヴィンテージ」

「ドンペリホワイト」「白」とも呼ばれる、最も身近なドン・ペリニヨン。

熟成期間は通常8年。

最新の市場に出ているヴィンテージは、2010年になります。

ドン ペリニョン ロゼ 

ドンペリのピンク。

この美しいピンク色は、シャルドネのシャンパン原酒にピノ・ノワール種のぶどうを用いたロゼワインベースで造られています。

通常、熟成期間は10年。

ブドウの出来が良い年にしか造られない、希少なアイテムです。

ドン・ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ

レゼルヴドラベイ(Réserve de l’Abbaye)は、フランスと日本のみでしか販売されていない世界的に見ても希少な幻のシャンパーニュ。

このドン・ペリニヨンは20年以上の熟成を経たもので、通称、”ドンペリゴールド”と呼ばれている幻のシャンパンです。


ドン・ペリニヨン P2

https://www.mhdkk.com/brands/dom_perignon/7755

「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003 プレニチュード 2」

プレニチュード(Plenitudes)とは、熟成し進化を続けるそのピークのことです。(上述)

2021年7月上旬発売

<ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003 プレニチュード 2 商品概要>

◆名称:ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003 プレニチュード 2 / Dom Pérignon Vintage 2003 Plénitude 2
◆度数:12.5度
◆容量:750ml
◆希望小売価格:56,800円(税抜)
◆販売:全国業務店、及び全国主要百貨店にて2021年7月上旬より順次販売開始

ドン・ペリニヨン P3

「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 1993 プレニチュード 3」

「ドン・ペリニヨンは3つの時代を通過する」という長期熟成シリーズの最高峰「P3」。

人気と希少性と高価さにより市場では非常に入手困難な最高峰シャンパンです。

25年以上の熟成期間のこの製品は、ドン・ペリニヨンの集大成とも言えるシャンパーニュです。


モエ・エ・シャンドン  Moët & Chandon

シャンパーニュ地方最大の生産者として名高い老舗メゾン

ドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)は、このモエ・エ・シャンドン社が手掛けているシャンパンの最高級ブランドラインです。

一方、こちらの モエ・エ・シャンドンブランドは、お祝いの場を演出する場面などによく登場し、多くの人に愛されるリーズナブルな価格のシャンパンです。

https://www.mhdkk.com/より引用
https://www.mhdkk.com/より引用
https://www.mhdkk.com/より引用


モエ・エ・シャンドン モエ・アンペリアル

18世紀ワイン商を営んでいたクロード・モエが、1743年にメゾン・モエを創設しました。

誕生して以来、世界中の愛好家に愛され続けるブランドとなっています。

日本でも知名度は非常に高く、最もスタンダードなモエ・エ・シャンドン(Moët Impérial)のシャンパン。

フレッシュでエレガントな味わいです。

このシャンパンは、前菜からデザートまで幅広いお料理と相性がよく、洋食だけではなく寿司などの和食にもぴったりです。


モエ・エ・シャンドン グラン・ヴィンテージ 2013

アンペリアルシリーズの、ヴィンテージシャンパーニュ。

Grand Vintage 2013。約7年熟成されてからの出荷。


モエ・エ・シャンドン アイス・アンペリアル・ロゼ

https://www.moet.com/ja-jp/ice-imperial-rose

Ice Impérial Rosé

氷を浮かべて初めて完成するロゼ シャンパン。

モエ・エ・シャンドンの伝統的なスタイルはそのままに、もっと自由で、爽やかに、シャンパンを楽しむことができます。

サロン SALON

JALのファーストクラスで長年提供されています。

愛好家の情熱で造られた究極のシャンパン 。

ひとつの畑、ひとつの品種、ひとつのヴィンテージ。

おっさんもJALの機内で頂きました♪たっぷりと♪

日本の市場価格は、最新ヴィンテージで120,000円~。

オールドヴィンテージは、もちろん1,000,000円超えの高級シャンパンです。

https://www.champagne-salon.fr/?lang=ja
https://www.champagne-salon.fr/?lang=ja
https://www.champagne-salon.fr/?lang=ja

気泡が湧き上がる偉大なワイン

創業から100年余りで、生産されたのはたったの40ヴィンテージあまり。

創業当時からのこだわりで、 葡萄の出来が超絶に良い年しか造られず、50年~100年の程度の長期熟成に耐えると判断したときだけ仕込みます

最新ヴィンテージは2006です。 年産約4万本と極少量の生産量を守っています。

従って、市場に出回るお値段もそれなりに高価なものとなっています。

https://www.champagne-salon.fr/?lang=ja#millesimes
https://www.champagne-salon.fr/?lang=ja#millesimes
https://www.champagne-salon.fr/?lang=ja#millesimes

ルイ・ロデレール クリスタル 2008 

ロシア皇帝のシャンパン

ロシア皇帝アレクサンドル2世は、毎年、自分専用のメゾン最高キュヴェを造るように依頼。

自分用にクリスタルのボトル(当時はバカラ製)に詰めるように指示。

これは、毒物などの混入を見破り、他製品と区別するためでした。

また、爆薬などが仕込まれないよう、このボトルの底には窪みがないように工夫されていたと言います。

自社畑で栽培された最高品質のブドウのみを厳選。

瓶詰め後、6年の長期熟成を経て出荷される、手仕事での最高品質を追求した究極の逸品です。

https://www.louis-roederer.com/jaより引用
https://www.louis-roederer.com/jaより引用
https://www.louis-roederer.com/jaより引用

ルイ・ロデレール クリスタル 2008

そして生まれた新しいワインは、その透明で輝いたボトル素材からクリスタルと名づけられました。

クリスタルは、ルイ・ロデレールの技術の粋を集めた世界最古のプレスティージュ・キュヴェ。

泡のキメがとても細かく、繊細かつ柔らかで、終始滑らかな口当たりが印象的。

ローラン・ペリエ Laurent-Perrier

1812年に創立のシャンパンメゾン。

英国王室御用達のシャンパンとしても知られています。

「 自然を尊重しワインを尊重する事、品質を追求する」という長い伝統により築かれた信念を貫き、現在のブランドを築いてきました。

前当主であるベルナール ドゥ ノナンクールが、家族経営に徹する事で、メゾンの独自性と価値観を今日まで変わらず保ってきています。

https://www.suntory.co.jp/wine/special/laurent_perrier/information/より引用
https://www.suntory.co.jp/wine/special/laurent_perrier/information/より引用

ローラン・ペリエ グラン・シエクル

ローラン・ペリエ グラン・シエクル (Laurent-Perrier Grande Siècle)

ノンヴィンテージではなく「マルチヴィンテージ」を追求するシャンパン

「ブレンドの芸術作品」こそがベルナール ドゥ ノナンクール氏が追求したグラン シエクルなのです。

https://www.suntory.co.jp/wine/special/laurent_perrier/grand-siecle/

  • 複数のぶどう品種、白ぶどうと黒ぶどうという個性の異なるものをブレンドする
  • 複数のヴィンテージをブレンド、複数のクリュをブレンド
  • 複数の秀逸なヴィンテージをブレンドによって得られるバランスとハーモニーの探求

クリュッグ KRUG

世界最高峰のシャンパーニュとして評価されているメゾン。

1843年、創業者ヨーゼフ・クリュッグは、気候に左右されることなく、毎年最高のシャンパーニュを造ることを目指し、自らの名を冠したメゾンを創業。

https://www.krug.com/jp
https://www.krug.com/jp

<クリュッグ> グランド・キュヴェ【NV】

グランド・キュベは、収穫年の異なるワインが絶妙のブレンドによって溶け合ってます。

青リンゴのようなフレッシュな香り、奥深いニュアンスをまとい、上品な泡が口の中でゆっくり広がっていき、酸味とあいまって優美な味わいを提供します。

https://www.krug.com/jpより引用
https://www.krug.com/jpより引用

テタンジェ TAITTINGER

テタンジェ家が現在もオーナー兼経営者であるという世界から愛される家族経営の大手メゾンです。

「テタンジェの伝統と革新が魔法となってあなたの人生を輝かせます。」

テタンジェの本拠地は、1800年以上の歴史を持つ、ランスのサン・ニケーズの丘にあります。

テタンジェスタイルを象徴するシャルドネから出来るワインは、他の品種よりゆっくりと熟成されるため、長期熟成に最適な品種です。

繊細で上品なワインに仕上がります。

熟成が進むと、繊細さを保ちながら絶妙なバランスで変化を遂げていきます。

https://taittinger.jp/
https://taittinger.jp/
https://taittinger.jp/

コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン

家族経営を貫くシャンパーニュの貴婦人。

テタンジェ社の宝石と言われるシャルドネ100%の最高傑作。

コント・ド・シャンパーニュは大量生産することができません。

なぜなら、ふさわしいブドウが収穫できた年にだけ生産するシャンパンだからです。

一番搾りの果汁のみを使用し、8年から10年という長い時間をかけて熟成させています。

https://taittinger.jp/
https://taittinger.jp/

この最高級のワインを作るためのテタンジェの技術・手法は、シャンパーニュ地方でも他に類を見ないものであり、負担が非常に大きいのです。

力強さと優美さを見事に兼ね備えたコント・ド・シャンパーニュは、世界中のワイン通にご満足いただけるシャンパーニュです。

ジャカール JACQUARS

https://mathusalem.jp/?mode=grp&gid=1034801

ジャカール社は、生産者協同組合のグループ企業で、3つの生産者団体がまとまって共同組合を形成し、1964年に創業しました。

エール・フランスやブリティッシュ・エアウェイズなど世界の航空会社で採用されており、まさに質・量ともにフランス大手シャンパーニュ・メーカーのひとつです。

ジャカール・モザイク・ロゼNV

ジャカールの代表キュヴェである『ブリュット・モザイク』をロゼにして表現。

3年以上瓶内で熟成を経てボトリングされており、サーモンピンクの色調の美しく健全な泡立ちが続きます。

ランソン Lanson

ランソン社は、シャンパーニュ地方の中心地ランスに1760年に創業して以来、約250年にわたって世界中で愛され続けているメゾンです。

日本でも名を知られているシャンパンメーカーのひとつです。

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/lanson/より引用
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/lanson/より引用
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/lanson/より引用

ランソンは、ウィンブルドン・テニストーナメントのオフィシャルシャンパンとして40年以上も親しまれており、今では80か国以上で販売されています。

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/lanson/より引用
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/lanson/より引用
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/lanson/より引用

クロ・ランソン

クロ・ランソン CLOS LANSON

1860年のヴィクトリア女王時代より、150年以上英国王室に愛され続け、ボトルには英国王室の証が印されています。

特別に選び抜かれたシャルドネの優美さや繊細さがもたらす、フルーティーで爽やかな味わいです。


ウィリアム・ドゥーツ Willam Deutz

1838年創業の老舗メゾン。

特に優れたブドウが採れた年にだけ造られるドゥーツ社の創設者、ウィリアム・ドゥーツの名前を冠したドゥーツ社最高峰のシャンパン。

アンドレ・ラリエ氏によって始められた品質管理は今も変わらず厳しく行われています。

https://mathusalem.jp/?mode=grp&gid=953544
https://mathusalem.jp/?mode=grp&gid=953544
https://mathusalem.jp/?mode=grp&gid=953544

キュヴェ ウィリアム ドゥ-ツ

長く熟成されたシャンパーニュに特有の、深みのある香り。

第一印象はさりげない香りですが、繊細で力強く、洗練された香りが感じられます。

芳香にフローラルのニュアンス、スパイス系のアクセントも効いてデリケートかつ濃厚な仕上がりです。

高級シャンパンまとめ

  • 高級シャンパーニュは、手のかかったヴィンテージものである。
  • 厳しい基準はクリアした上で、さらに手間暇をかけて選別された特別な存在。
  • フランスのワイン法でしっかりとその質が担保されるような基準が定められている。
あわせて読みたい
オーパスワンに勝ったワインとは? 似た味のワイン? ご存じオーパスワンは、このように比較対象にされるほど有名なワインです。おっさんが大好きなワインの一つです。現地ナパバレーのオーパスワンワイナリーに過去二回訪...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる