森伊蔵 伝説の焼酎!!定価で買う方法

おっさんのコレクション♪

 ここでは、入手困難な伝説の焼酎「森伊蔵」をご紹介します。

昔の芋焼酎というのは、すごく癖があって、飲みにくい印象でしたが、技術革新でしょうか?

おっさんは、普段、黒霧島や赤霧島などを飲んでいます。

一般の酒屋やス-パ-でも買える安い焼酎でも、イヤな芋の香りはしなくなりました。

ロックやお湯割りでおいしくいただいています♪


目次

森伊蔵の味は? JAL機内販売で免税?で買える

この焼酎は、全く他の芋焼酎とは違います。すごくおいしいです。

香りも良くてまろやかな味。全くクセがない。

鹿児島産の有機栽培のサツマイモを原料とし、手間の掛かる伝統的なかめ壺仕込みにより生産しているみたいです。

毎年8月から仕込みを開始し、翌年の5月まで約9ヶ月間、50個の小さなカメ壺に焼酎を仕込むという方法です。

おっさんは、現在、森伊蔵720mlを6本持っています。

ほとんどJAL国際線の機内販売で買ったものです。

3,200円、JALカードで支払うと10%offで2,880円。買える路線などが決められているようです。

購入可能本数:ひとり一本限り。

年によって販売時期などが限定されているようでした。

春3-4月のみで在庫なくなり次第終了とか…。

ビックカメラのお酒売り場では、一本10,000円で売っていました。

通販でも一升瓶などが販売されています。


更にプレミアムな究極の森伊蔵

クリスタルボトル入りの「楽酔喜酒 森伊蔵」

これも持っています。

これは、当時JMBダイヤモンド会員だった時に買ったものです。

事前予約購入できるということだったので、これはチャンスか?と思い、思わず購入しました。

見たことのない森伊蔵が出たので、「もしや、幻の商品」となって、プレミア価格がつくほど、値上がりするのでは?

などと、考えてしまいました。

おっさんは、機内販売の酒だけは、ずっと毎回搭乗ごとにチェックはしていたので、「今までにない森伊蔵の限定商品」というだけで、飛びつき買いをしました。

しかし、おっさんの思惑とは違い、その後も継続して販売を続けている感じでした。

現在もJALで販売しているのかどうかは知りません。

今はコロナ禍で国際線の客は、極端に少ないでしょうが…。

この楽酔喜酒 森伊蔵は、極上森伊蔵の3年熟成時間を大幅に上回る「10年にも及ぶ年月の熟成を経た古酒の1つと呼べる焼酎」とのことです。

しかし、焼酎にしては、驚愕の価格ですよね?


当時、現役のJALのCAさん(友人)に「買ったよ」という話をしたら、「あほやなー、あんなもん、容器が高いだけやで。もったいない…」

とバカにされましたが…。

4-5年前に購入したものですが、もったいなくて、まだ飲んでいません。

これも楽天など通販でも買えるようです。

森伊蔵のホームページで定価で抽選販売

電話による予約販売のみとなっているようです。インターネットでの受付もなし。

●抽選登録期間:毎月15日~25日 24時間受付

●登録電話番号:099-239-1111

●抽選結果:翌月1日~14日の間に申し込みと同じ電話番号より確認する。

●受取方法:抽選に当たった場合は、2ヶ月後の15日より鹿児島の森伊蔵酒販の店頭、

 もしくは発送にて受け取れます(発送料金はかかります)。

https://www.moriizo.com/

高島屋でも定価で抽選販売!!

以前から店舗の 売場で申し込み用紙をもらって応募できるのは知っていましたが、クレジットカード会員限定で、郵便などでも応募できるようなったようです。

https://www.saisoncard.co.jp/cpn/ts_moriizou/
タカシマヤセゾン限定 鹿児島芋焼酎「森伊蔵」抽選販売
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる