サマー真っ只中 特別キャンペーン実地中!

現在7月2週目です。夏真っ只中ですね。日本は梅雨も明けて蒸し暑くなりましたか?そんなじめじめした日本から脱出して自然に溢れた常夏のハワイ島でゆっくり過ごしてみてはどうでしょう?

キラウエア火山国立公園内のハイキング・コース (初心者編)

IMG_2605-87_halemaumau person

キラウエア火山国立公園内には様々なトレッキングやハイキング・コースがあります。その中で一番簡単なコースをご紹介いたします。

流行にのってジャックスも『女子会』的要素を含んだツアーパッケージ始めました☆

Joshikai spa

4月1日より女子会スペシャル オアフ島発 コナ一泊付きパッケージツアー開始です!

ハワイ島の虹

ハワイ島ヒロ側は雨が多い為、虹が空に掛かる事が頻繁にあります。

3月12日現在の火山状況

ハワイ島は現在3月12日です。日本の東北大震災から早1年が発ちました。早いものですね...

ハワイ島パワースポット 第3弾

kaimu-beach-2

ハワイ島のパワースポット、『マナ』を感じる場所について前々回からお話しております。シリーズ化し、今回は第三弾!前回まではヒロの街、プナ周辺についてお話しましたね。今回はカラパナ、カイム、プナ地区のパワースポットについてお話します。

ハワイ島パワースポット 第2弾

lava tree

『ハワイ島パワースポット集 第一弾』から早1ヶ月が発ちました。第2弾を書く暇が無く、もう2012年になってしまいました。すいません。。。

ではでは、気を取り直して『ハワイ島パワースポット集』の第二弾を始めます★

前回はヒロ市の周辺にあるパワースポットについてお話しましたね。今回はハワイ島の南東に行ってみましょう。

キラウエア火山最新情報

56_lava and smoke thru scope

5月20日にやっとハワイ島キラウエア火山に動きがありました。もう何ヶ月も溶岩の流れがなく、溶岩のツアーを売っているのにも関わらず、流れていないので、はらはらドキドキしていました(@Д@;まぁ、現在もカラパナ溶岩観測地域では流れは見えないのですが...

これってな~に?

Pahoehoeです。溶岩の一つの種類です。そうなんです。溶岩でも2種類があります。一つはAa(アア)です。アアの方は流れがゆっくりですので、赤い溶岩は流れながらだんだん冷え、固まります。しかしPahoehoeは流れが速いため、固まった溶岩は捻られた縄(なわ)ロープの形が特徴です。 Wikipediaでしらべてみると、ハワイ語ではパホエホエですが、一般的にはパホイホイと呼ばれています。 引用させていただきます: 「パホイホイ溶岩は、平滑な表面を持つ溶岩流であり、表面には「縄状構造」や丸みを帯びたトウ(toe)またはローブ(lobe)と呼ばれる袋状、舌状の構造が見られる。このような表面形態は、流下する粘性の低い高温溶岩表面が冷却によって固化し、表面張力により丸みを帯びた薄い冷却殻をもつローブ、トウが形成されることで形作られる。そしてローブの一部が破れて同じようなローブが形成され全体が前進していく。縄状構造は薄い冷却殻が固化するときに水平応力で皺がよって作られる。 未固結のローブ中心部がつながったり、チャンネル状の流れが下方を侵食し溶岩堤防が上面でつながってしまうことで溶岩チューブ(トンネル)を形成することがあり、溶岩が冷却しないまま遠方まで流れることに役立つ。溶岩チューブの天井はよく崩落して、スカイライト(天窓)が形成される。 パホイホイ溶岩とアア溶岩の違いは、冷却固化してできる表面冷却殻が連続体として保たれるか、破壊されクリンカーが生じるかと言う点で、これはパホイホイ溶岩がニュートン流体的でありアア溶岩はそうではないことを示す。実際には温度の低下や石基結晶度の増大などによる粘性の増大、または同じ粘性なら変形速度が大きくなることでパホイホイ溶岩からアア溶岩への変化が起きている。温度低下、結晶度増加は流下するにつれて進行するので、流下するにつれてパホイホイ溶岩からアア溶岩へ変化することが一般的だが、変形速度が効いている場合には、急斜面でアア溶岩だった溶岩流が緩斜面で再びパホイホイ溶岩に変化する例が知られている。」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%9B%E3%82%A4%E6%BA%B6%E5%B2%A9 かなり科学的で専門的な内容ですが、一度ハワイ島へ固まった溶岩または、流れている溶岩を見に来てその2種類の違いが直ぐ把握できるかを試してください。 今にもハワイ島のカラパナ地区で活きた赤い溶岩が流れていて、その近くに家3件ほどあった覚えがありますが、その1件に近づいているようです。ジャックスのツアーで見に来てください。

エクスプレス・キラウエア火山と溶岩ハイキングツアー

nov lava 12

コナ地区から出発し、南周りで海がめで有名なプナルウ黒砂海岸を始め、ハワイ火山国立公園ではハレマウマウ火口を望む「トーマス・ジャガー博物館」や、「サーストン溶岩トンネル」に立ち寄ります。その後、チェーンオブクレーターズロードにて溶岩ハイキングをお楽しみいただけます。
直前スペシャル開催中! 「詳細を見る」より直前スペシャル価格でご予約いただける日程をご確認ください。