6月11日=カメハメハ大王・デイ!!

いよいよ6月11日は偉大なるカメハメハ大王の日です。
この日はカメハメハ大王一世がハワイの島々を一つのハワイ王国にした日だからです。ハワイ王国に含まれている島々は北からニイハウ、カウアイ、オアフ、モロカイ、ラナイ、カホオラベ、マウイ、そしてハワイ島です。カメハメハ大王は「太平洋のナポレオン」として知られている偉大な王です。

カメハメハ大王の日は初代カメハメハ大王の曾孫であるカメハメハ大王5世によって1871年に作られたました。この日はパレード、乗馬レース、フラ、カーニバル、クラフト・フェアが開かれ盛大にお祝いされます。ハワイの文化を重視した盛大なイベントです。

ハワイ島では北コハラ地区とヒロでお祭りがあります。まず最初に北コハラ、カパアウ市では午前8時からカメハメハ大王像にレイを捧げ、午前9時からハヴィの町でパレードが開催されます。午前10時から午後4時まではクラフト・フェアが開かれ、レイ・メイキング、ハワイアンキルト、サドル作りなどのハワイ文化を楽しめます。ライブ音楽とおいしい食べ物も盛りだくさんです。

ヒロのカメハメハ大王像にもレイを捧げ、フラやローカルのミュージシャンが歌って踊り、様々な出店や飲食店がダウンタウンを囲み、ハワイ文化のプレゼンも行われます。ヒロのお祭りは午前10時から午後5時までです。

是非皆さんも6月11日(金)に北コハラ、又はヒロに聳え立つカメハメハ大王像にレイを捧げ、お祭りを楽しんでください!